クローズUP撮影日記

動植物や風景等の記録です (御紹介している画像は、基本的に全て管理者に著作権がありますので、無断転用等はしないで下さい)

ユリカモメ



前述の湛水域土砂採り現場ではユリカモメの大群が、山になった砂山に集まって来ます。重機で掘り出した土砂には、餌となる水生昆虫の幼虫や成虫が居るようです。
昼間はユリカモメですが、朝夕はセグロセキレイなどの小鳥が来ています。
【“ユリカモメ”の続きを読む】
このページのトップへ

河口の堰に溜まる土砂



河川下流の河口部に近い取水堰です。
毎年この時期になると堰の湛水域内に溜まった1年分の土砂を搬出して海岸線に戻す作業が行われます。この1年の堆積土砂量は約15,000立方メートルです。
まずは土砂搬出用の仮設道路を作り、シャベルカーで土砂を高く積み上げた山にして、ダンプカーで搬出します。
それにしても膨大な土砂が上流から流れてきます。ほっておくと湛水域が埋まってしまいます。
携帯電話カメラの撮影なので、鮮明さがありませんが、様子はわかると思います。 【“河口の堰に溜まる土砂”の続きを読む】
このページのトップへ

真冬のホテイアオイ



大寒の最中ですが、何と小田原の酒匂川取水堰には、まだホテイアオイが繁茂しています。直上の釣り堀から流れて来ているようです。
さすがに氷が張ったり霜が降りる時もあるため、水面から出ている葉は大群落の半分位が枯れていますが、まだ元気です。
信州上田では、小太郎さんが「秋口には池の底に沈んでしまった」と言っていました。本州中部ではそれが普通です。 【“真冬のホテイアオイ”の続きを読む】
このページのトップへ

浅間山



所用で信州上田に行きました。内山峠を越えて佐久市内に入ったら、浅間山が綺麗に見えたので、しばらく立ち止まっていました。
右側が浅間山(2568m)、中央手前は高峰山(2091m)です。 【“浅間山”の続きを読む】
このページのトップへ

ミノムシ第2号



今日の昼休み、酒匂川河川敷で見つけたミノムシ君です。枯れ枝と相まって見分けがつきにくいですね!
ミノムシ君も考えてますね。これなら鳥もわからないでしょう!
このページのトップへ

メジロ



昨夜の冷たい雨が上がり、今日は温暖な3月の陽気、昼休みに散歩していたら、マテバシイの木がガサガサいうので、ヒョイとみたら、2mの至近距離に何とメジロが2羽いて、葉の付け根から出る甘い蜜を吸っているようでした。 【“メジロ”の続きを読む】
このページのトップへ

河口湖側から見た晩秋の富士



二つ前の初富士は新松田(小田原側)からですが、これは晩秋の朝、河口湖側の標高1000m付近から見たものです。
朝日が当たっていない部分との陰陽によって、大沢崩れ等の浸食された沢筋がわかります。
不動の雄姿ですが、浸食によって少しづつ変化しているのは自然の成せる業です。
このページのトップへ

ミノムシ



冬眠中のミノムシです。
暖かいマユの中でじっと春を待っています。
このページのトップへ

初富士



寒の入りですが,厳冬の初富士が昨日朝・今朝と見事に見えました。
凛とした美しさです。
しかし,早朝の出勤時は寒いです!!
このページのトップへ

雪の信州と飼い猫ミー



2007年1月6日、信州上田も爆弾低気圧の影響で大雪になりました。これから東北・北海道は更に発達する低気圧で大荒れの予想、皆さんも気を付けてください。
上田の妻実家の飼い猫ミーです。寒いのでコタツの廻りで丸くなって静かにしています。本当に寒いですよ! 【“雪の信州と飼い猫ミー”の続きを読む】
このページのトップへ

FC2Ad

生物に魅せられたmiddle age

飾らない昆虫たちの表情はさりげなく素晴らしい!

wakasama

Author:wakasama
昆虫や植物や風景などの飾らない自然を撮って,自らが癒されている団塊世代最後の男性です。
訪問してくださる方が少しでも癒されて,楽しんでいただければ幸甚です。
お気軽に書き込みをしてください。
但し、管理人に無断で掲載画像を転用することはやめてください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する