クローズUP撮影日記

動植物や風景等の記録です (御紹介している画像は、基本的に全て管理者に著作権がありますので、無断転用等はしないで下さい)

古田playing managerの引退について

スワローズの古田選手兼任監督が今シーズン限りで引退を宣言しました。1992年、1993年、1995年、1997年の野村監督、2001年の若松監督で5回のリーグ優勝、そして4回の日本一を体験した名選手です。
9月27日の広島市民球場最終戦、前日に選手登録してこの日は8回に代打で出場、エース黒田投手も自慢のストレートで勝負、3球目の144キロを痛烈な中前安打。
その後、捕手でマスクをかぶり9回2死無走者から2度目の打席、146キロのストレートをあわやホームランの左翼フェンス直撃の二塁打。
黒田投手はサインに首を振って直球での真っ向勝負、打たせてもらった2安打でした。
野球ファンの方は2004年9月の選手会初のストライキを覚えていますか?
古田はプロ野球選手会長としてG球団の「W」L球団の「T」オーナーの陰謀・・・それは弱小球団を整理して8チームによる1リーグ制にするという邪悪な構想でした・・・に対して理路整然と解決策を掲げ、敢然と無能な経営者側に立ち向かったのです。古田選手の手腕は見事で、その後、選手会側の立場が大きく進展する原動力となりました。
Wオーナーが「偉そうな事を言ってるけど古田なんか、たかが1選手にすぎないじゃないか!」と暴言を吐いたことを私は忘れません。
そして、当時のカープ選手会代表が黒田投手でした。
大金で有名選手を集めるだけの球団と違い、生え抜きの選手を手塩にかけて育て必死に戦っている弱小球団のカープとスワローズ、黒田と古田はそれを糧にここまで現役を貫いています。
試合終了後に敵地広島で、ブラウン監督だけでなくカープファンからも異例の花束贈呈があったり、東京音頭を歌ってもらったり、カープファンは野球に対する敬意を持って観戦できる素晴らしいファンです。古田も喜んで花束を受け取っていました。
野球を見るもの、するものはお互いそうでなければいけないと思っています!


【“古田playing managerの引退について”の続きを読む】
このページのトップへ

ツマグロヒョウモン♀



昨日は30℃越えの厳しい残暑で、職場の構内では色々な昆虫が居ました(すでに紹介しています)が、ツマグロヒョウモン♀は此処での本年初観察でした。
スミレ科を食草とするこの蝶は、これから12月頃までしばしば見られます。
温暖化の影響で北限がどんどん上がって来ています。
【“ツマグロヒョウモン♀”の続きを読む】
このページのトップへ

ミヤマアカネ♀と♂



昨日のミヤマアカネ♂が気になって、様子を見に行ったら、傍らにちゃんと♀がいました。不思議なものです。 【“ミヤマアカネ♀と♂”の続きを読む】
このページのトップへ

ミヤマアカネ&ヒメアカタテハ



今日も構内で採水に行ったとき(10時頃)、芝生の生えた土手にミヤマアカネ♂が居ました。
チョウゲンボウが居付くほどですから、自然度が高いのでしょう! 【“ミヤマアカネ&ヒメアカタテハ”の続きを読む】
このページのトップへ

チョウゲンボウ(三番目)



昨日の夕方、日没近い屋上に行ったら、三番目幼鳥が何かを掴んで飛んで来ました。
小鳥を捕まえたのかと思って双眼鏡で観察していましたが、羽毛をむしっている様子はありませんでした。
美味しそうに食べ尽くすと、満腹したのか無線塔の上に止まって満足そうに私を見下ろしています。 【“チョウゲンボウ(三番目)”の続きを読む】
このページのトップへ

キタテハ&ミドリヒョウモン



先週、信州へ向かうR254号で、内山峠からちょっと入った「あらふね湖」で一休み。コスモスにはちょっと早かったですが、野アザミ(名前がわかりません)がポツポツ咲いていました。
そのアザミに来ているキタテハ秋型です。 【“キタテハ&ミドリヒョウモン”の続きを読む】
このページのトップへ

チョウゲンボウ一家の里帰り?



今朝はとても嬉しいことがありました。
職場に到着して車から降りると、建物上空をチョウゲンボウが5羽も揃って旋回していました。愉しそうに声を出してグルグル旋回していました。
場内に残っている三番目と末っ子(キョロちゃん)だけでなく、親鳥もいました。
嬉しかったですね・・・おーいキョロちゃんおはよう、みんな元気だったねー、と叫びました!
これは三番目幼鳥です。 【“チョウゲンボウ一家の里帰り?”の続きを読む】
このページのトップへ

マダラヤンマとギンヤンマの空中戦



夕暮れ時の例の池では、アシ原のマダラヤンマと開けた池のギンヤンマが時々遭遇すると、激しい空中戦を演じます。
急上昇、急旋回を繰り返すさまは、まさしく戦闘機の空中戦です。
あまりの速さにピントを合わせることが出来ませんでしたが、雰囲気はわかりますか? 【“マダラヤンマとギンヤンマの空中戦”の続きを読む】
このページのトップへ

マダラヤンマ



信州上田のとある池に「上田市指定文化財=天然記念物」マダラヤンマを観察しに行ってきました。
農作業を早朝に切り上げ、午後から3時間粘って、やっと掲載できるカットが撮れました。
先週の台風9号の影響で池の水位が上昇しており、アシの繁茂する岸辺に降りられなかったので、昨年のように至近距離では撮影出来ませんでした。
それと、新生個体が多く活発に飛び回っていて、アシの茎や葉に止まる瞬間がありません。したがって、このカットもホバーリングしているものです。 【“マダラヤンマ”の続きを読む】
このページのトップへ

アキアカネ



お盆以来の信州入りです。
アキアカネ♂は少しづつ赤みを増してきたようですが、まだまだ本当の赤トンボの色ではありません。 【“アキアカネ”の続きを読む】
このページのトップへ

ムコ多糖症という病気を知って下さい

ブログ友のみなさんこんばんは。
今日は私のブログ友人から「ムコ多糖症」という新生児5万人に1人の確率で発症する難病のことを読んで初めてこの病気を知りました。
遺伝子の異常により、体のなかの代謝物質「ムコ多糖」を分解する酵素がないために「ムコ多糖」が体中に溜まっていくことで、様々な障害を引き起こす難病です。
発症すると、ほとんどの患者の寿命は10歳~15歳までという恐ろしい難病です。
最近の医療技術進歩により欧米では酵素補充療法が認可されており、日本でも早急にこの病気を多くの人に知ってもらって、欧米のように医療法として認可され、治療効果を期待したいところです。
この病気の患者さんが厚生労働省にスーツ姿で出向いて、生きるために必死に頭を下げていると聞き、早く医薬療法が認可されることを願わずにはいられません。
この記事を読んで共感された方は、どうか少しでも多くの人たちにこのことを伝えていただきたいと切にお願い申し上げます。
このページのトップへ

台風9号を避ける知恵



6日夜から7日朝にかけて、台風9号が関東を直撃しました。
神奈川県小田原市に上陸してそのまま本州を縦断、各地で甚大な被害を与えました。
皆さんのところは大丈夫でしたか?
私の会社は未曾有の大雨による河川の増水で、非常事態対応でした。
何とか無事に対応できてホッとしました。超勤も報われるというものです。
ところで6日夜、台風接近中の強まる風雨でチョウゲンボウはどうしているかなと思い、いつもの巣立った南側ベランダを見ると猛烈な風雨が吹き付けていて、いませんでしたが、反対側の北側ベランダにいました!
ちゃんと風雨を避けて雨宿りするとは、三番目幼鳥も利口になったなぁと感心することしきり・・・私の顔を見ていつものポーズをしてくれました。部屋の中に入れてあげればよかったかな?いぇいぇ、そこまではなついていません。自然に付き合って行くのが最善ですから・・・ 【“台風9号を避ける知恵”の続きを読む】
このページのトップへ

大賀ハス



スイレン目ハス科の大賀ハス。
町田市内の公園での1枚です。 【“大賀ハス”の続きを読む】
このページのトップへ

ギンヤンマの連結産卵



先日の日本庭園の池では、チョウトンボは減っていましたが、ギンヤンマは多く見られました。
池の水際に打ち込んである杭に連結して産卵するギンヤンマもいくつか見られました。 【“ギンヤンマの連結産卵”の続きを読む】
このページのトップへ

サギソウ(鷺草)



トンボの湿地にはサギソウが咲いていました。
8月中はイベントもやっていたようですが、咲き残っていたものも清楚な美しさがありました。 【“サギソウ(鷺草)”の続きを読む】
このページのトップへ

ウスバキトンボ&ハグロトンボ



日本庭園に居たウスバキトンボの新生個体です。
おそらく、今年日本に渡って来た親世代からの第3世代でしょう!
【“ウスバキトンボ&ハグロトンボ”の続きを読む】
このページのトップへ

名残のチョウトンボ



今年3回目の昭和記念公園です。
数日前から涼しい陽気になったためか、4頭しか確認できませんでした。かなり翅先が痛んでいるのがわかります。
20070902213437.jpg

2頭目です。
翅先の色抜け模様が違うので、別個体であることがわかります。 【“名残のチョウトンボ”の続きを読む】
このページのトップへ

年に一度の課対抗軟式野球大会



今日は年に一度の社内課対抗軟式野球大会の日でした。
今年の所属事業所では若手の投手が2人もいるので、私は二塁手として出場しました。
初戦は壮絶な打撃戦、最後に大逆転で私の所属が10-8と勝利しました。
準決勝戦は強豪相手に善戦しましたが4-8と敗れました。
しかし、私は好投手から4打数2安打して自己満足しています。
それより、自分の息子達よりも若い選手と一緒に怪我もなく試合に出場できたことを嬉しく思います。
来年も怪我がなければ出場したいですね。 【“年に一度の課対抗軟式野球大会”の続きを読む】
このページのトップへ

FC2Ad

生物に魅せられたmiddle age

飾らない昆虫たちの表情はさりげなく素晴らしい!

wakasama

Author:wakasama
昆虫や植物や風景などの飾らない自然を撮って,自らが癒されている団塊世代最後の男性です。
訪問してくださる方が少しでも癒されて,楽しんでいただければ幸甚です。
お気軽に書き込みをしてください。
但し、管理人に無断で掲載画像を転用することはやめてください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する