クローズUP撮影日記

動植物や風景等の記録です (御紹介している画像は、基本的に全て管理者に著作権がありますので、無断転用等はしないで下さい)

カラスアゲハとキアゲハ

080830カラスアゲハ2
昨日、近くの親水公園で見たのはトンボだけでなく、このカラスアゲハも天候回復を待っていたように吸水していました。
【“カラスアゲハとキアゲハ”の続きを読む】
このページのトップへ

親水公園のトンボたち

080830オニヤンマ2S
激しい雷雨の止み間に近くの親水公園に行きました。
ほんの30分位でしたが、名残惜しそうに夏のトンボたちが顔を見せてくれました。
まずはトンボの王様、オニヤンマです。pochikoさん良く見ておいて下さい!
080830シオカラツガイ
続いてはシオカラトンボのつがいです。上になっているのが♂、下が♀(俗に麦藁トンボ)です。 【“親水公園のトンボたち”の続きを読む】
このページのトップへ

鳩と姉さん

080829鳩
全館が11月まで工事中ですが、先週からの雨続きで建物に設置された足場をねぐらにしている迷い鳩がいます。夕方になるとやってきて、朝になると出て行きます。足輪を付けているので、飼い鳩ですが、迷ってしまったのでしょうか?
【“鳩と姉さん”の続きを読む】
このページのトップへ

ヤモリ

080829ヤモリ2
爬虫類が苦手な方はごめんなさい!
昨日のゲリラ豪雨で勤務地の地下施設は水浸し、壁に張り付いていたであろうヤモリが溜まり水の中でもがいていました。白いU字溝に紛れて体色も真っ白です。
080829ヤモリ1M
水が引いた後、壁をよじ登って、本来の体色に戻りました。カメレオンのようですね! 【“ヤモリ”の続きを読む】
このページのトップへ

久し振りにキョロ姉夫婦

080827♂1
雨続きの肌寒い陽気が続いていたためか、キョロ姉さんはしばらく構内に姿を見せませんでしたが、
ようやく好天になった今日の夕暮れ時、200m離れた調整池の手摺りに居ました。これは♂です。
080827姉1
こちらがキョロ姉さんです。肉眼では見えませんが、撮影画像を明るくすると何とか見えるようになりました。 【“久し振りにキョロ姉夫婦”の続きを読む】
このページのトップへ

オニヤンマとタマムシ

080819オニヤンマ1M
日本国内で最大のトンボ・・・それは、このオニヤンマです。
至近距離で撮影できた貴重な画像です。
080819オニヤンマ2M
別な1枚。どうですか、堂々とした勇姿。2枚とも♂です。囓られると、もの凄く痛いですよ。 【“オニヤンマとタマムシ”の続きを読む】
このページのトップへ

湯ノ丸高原の蝶たち

080814キベリタテハ1S
帰省した信州も猛暑に見舞われ、新盆やら雑用やらで忙しい日々でしたが、唯一14日に湯ノ丸高原の高山蝶たちに逢ってきました♪
一番逢いたかったのは、このキベリタテハ(黄縁立羽)でした。新生個体は、ビロードのような美しい臙脂色と黄色の見事なコンビネーションのタテハチョウです。
080814クジャクチョウ2S
続いてはマツムシソウで吸蜜するクジャクチョウです。クジャクの羽根の丸い模様に似ているタテハチョウです。
080814エルタテハ5MS
これはキベリタテハと混生するエルタテハです。盛夏の亜高山帯で見られるタテハチョウです。
080814ベニヒカゲ3S
これは夏の亜高山帯で良く見られるベニヒカゲ(ジャノメチョウ科)です。 【“湯ノ丸高原の蝶たち”の続きを読む】
このページのトップへ

サギソウ他

080803サギソウ1
昭和記念公園内の湿地で見たサギソウです。
080803サギソウ2
1輪をクローズUPしました。 【“サギソウ他”の続きを読む】
このページのトップへ

チョウトンボ第4弾

080805チョウトンボ1M
前回掲載しなかったチョウトンボの超お気に入り画像です。
080805チョウトンボ4M
見る角度、天候によってこのように違った色に写ります。
やはり晴れているときの方がラピス色が映えます!! 【“チョウトンボ第4弾”の続きを読む】
このページのトップへ

ウチワヤンマ♂

080803ウチワヤンマ2
チョウトンボの居た日本庭園で、ウチワヤンマ♂の撮影もできました。
腹部第8節(俗っぽく言うと尻尾の先端)がうちわ状に拡がっているのが特徴です。
ヤンマのような大型種ですが、サナエトンボ科なので、ぶら下がって止まらずに水平に止まります。 【“ウチワヤンマ♂”の続きを読む】
このページのトップへ

チョウトンボ第3弾

080803チョウトンボ10
34℃の猛暑の午後、立川に行ってきました。もちろんこのトンボを見るために!!
最盛期でした。まさしく乱舞・乱舞・・・ギンヤンマ、ウチワヤンマ、オオヤマトンボ等の大型種も多く見られ、トンボ愛好家がかなりいました。
080803チョウトンボ13
青みが強い上の個体と紫が強いこの個体のように色相の変異があります。 【“チョウトンボ第3弾”の続きを読む】
このページのトップへ

FC2Ad

生物に魅せられたmiddle age

飾らない昆虫たちの表情はさりげなく素晴らしい!

wakasama

Author:wakasama
昆虫や植物や風景などの飾らない自然を撮って,自らが癒されている団塊世代最後の男性です。
訪問してくださる方が少しでも癒されて,楽しんでいただければ幸甚です。
お気軽に書き込みをしてください。
但し、管理人に無断で掲載画像を転用することはやめてください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する