クローズUP撮影日記

動植物や風景等の記録です (御紹介している画像は、基本的に全て管理者に著作権がありますので、無断転用等はしないで下さい)

ハクセキレイの営巣Ⅱ

ハクセキレイ
職場4階ベランダ(キョロ姉さんの営巣していた場所とは反対側)ではハクセキレイが子育て真っ最中です。
4羽のヒナは見る見る大きくなって、目もしっかり見えます。親鳥が来ると口をいっぱいに開けて餌をねだりますが、私を見ると死んだふりをして静かに隠れます。もう巣の中には収まらないのに・・・
【“ハクセキレイの営巣Ⅱ”の続きを読む】
このページのトップへ

キョロ姉さんとヘビトンボ

朝の姉
今年も営巣に失敗したキョロ姉さん、ちょっと心配していましたが、週明けの朝、いつものポンプ棟にいました。まだ、少し元気がないようですが、定位置にいると何故かホッとします。
夕方の姉
これは夕方の姉さん。工事中の高架調整池前の足場のパイプにちょっこりと停まっています。
キョロ♂君は見当たりません。
【“キョロ姉さんとヘビトンボ”の続きを読む】
このページのトップへ

谷戸のトンボ

ハグロ♂2
今日は関東も猛暑でした。
しかし谷戸のトンボたちは元気に飛び回っていました。
まずはカワトンボ科・御三家のひとつハグロトンボ♂です。
ハグロ♀1
ハグロ♀2
こちらは♀。どちらも翅を閉じたり開いたりして異性を呼んでいました。
3枚目は♀が翅を閉じているところです。 【“谷戸のトンボ”の続きを読む】
このページのトップへ

キョロ姉とハクセキレイ

090623キョロ姉1
今日は大変忙しい日でした。
外を見る余裕もなく、書類の定期監査を受けていました。
夕方、一息ついてベランダから構内を見ると、PC調整池上の手摺りにキョロ姉さんが見えました。
ちょっと寂しそうですね、多分今年の営巣も、とうとう失敗に終わったようです。
とても残念ですが、この娘は自分で産んだ卵を孵化させたことがないので、手順がわからないのでは・・・と思ってしまいます。
090623キョロ姉2
もう1枚。何だか不憫でなりませんが、これも自然の掟か?母体の健康回復を願うばかりです。 【“キョロ姉とハクセキレイ”の続きを読む】
このページのトップへ

渓流のトンボと蝶

ニホンカワトンボ♂1
信州上田の少し山に入った渓流沿いでは、いまニホンカワトンボが沢山見られます。
これは翅先に赤い縁紋がある♂。
ニホンカワトンボ♀2
こちらは白い縁紋がある♀。
ヒメクロサナエ
これはサナエトンボの1種、ヒメクロサナエ。
【“渓流のトンボと蝶”の続きを読む】
このページのトップへ

エゾハルゼミ、その他

ヒメハルゼミ♂1M
所用で信州入りしました。
途中の神津牧場(群馬県)では、広葉樹林のなかでエゾハルゼミの大合唱。蝉時雨でした。
ヒメハルゼミ♂2M
もう1枚。ヒグラシに似ていますが鳴き方や出現時季が異なります。

最初ヒメハルゼミとしましたが、鳴き方を良く再現してみると、ミョーキン・ミョーキン・ケケケケ・・・と不規則に鳴く典型的なエゾハルゼミでした。エゾと和名が付いていますが、北海道から九州の山地まで広く分布し、山地性で落葉広葉樹等に集団でいます。
ここに訂正させていただきました。
【“エゾハルゼミ、その他”の続きを読む】
このページのトップへ

構内近況

構内1
浄水場構内は地下施設の上は芝生ですが、外周には落葉広葉樹の生け垣、これは西方向です。
構内2
北西の方向で、見えているのは1ブロック沈澱池、外側は素晴らしい屋敷林です。 【“構内近況”の続きを読む】
このページのトップへ

川崎大師

090614仲見世1
6月14日(日)、久し振りに川崎大師へ出かけて参拝しました。
これは参拝のときに通る仲見世通りです。くず餅、咳止め飴、厄除け饅頭、ダルマ等が並んでいます。
【“川崎大師”の続きを読む】
このページのトップへ

横浜・三溪園

三溪園1
実家の母介護から久し振りに戻ってきた妻が、三溪園に行きたいと言うので、午後から行ってきました。
実は私も初めて行った場所です。これは大池です。
臨春閣
徳川家ゆかりの別荘建築、臨春閣。 【“横浜・三溪園”の続きを読む】
このページのトップへ

久し振りのキョロ姉夫婦

♂♀1
今朝、久し振りのキョロ姉つがいがPC調整池上に居ました(赤が姉さん)。
【“久し振りのキョロ姉夫婦”の続きを読む】
このページのトップへ

コメツキムシ

ルリツヤハダコメツキ
構内に居たコメツキムシの1種、ルリツヤハダコメツキです。
ひっくり返すと、首を縮めてから自分でパチンと跳ね起きる得意技を持っている虫です。
皆さんもこうして遊びませんでしたか?人間の大きさにすると、大変な跳躍力です♪ 【“コメツキムシ”の続きを読む】
このページのトップへ

ヤブキリの赤ちゃん他

ヤブキリ♂1
いつもの親水公園は早朝からビーバー草刈り機で雑草退治をしていました。
草刈り後には、ヤブキリの赤ちゃんがゾロゾロと這い出してきました。
これは♂の赤ちゃん。
ヤブキリ♀2
こちらは♀の赤ちゃん。このように長い産卵管があるのは♀です。 【“ヤブキリの赤ちゃん他”の続きを読む】
このページのトップへ

今日は6月4日(虫の日)

090604コアオハナムグリM
昼休みに構内で見かけたコアオハナムグリ。コガネムシの仲間で、ヒメジョオンの花粉が大好きです。
090604ヘビトンボ
昨年もUPしたヘビトンボ。私の職場構内は生物多様性が高い(自然度が高い)ことの証明です。 【“今日は6月4日(虫の日)”の続きを読む】
このページのトップへ

寺家の生き物たち

090603アオオサムシ
珍しい虫を見ました。
甲虫目オサムシ科アオオサムシです。
綺麗な緑色をした虫で、ミミズやダンゴムシ等を捕食する肉食性昆虫です。
成虫で南向きの斜面などの土中にもぐって越冬するため、高校時代は冬に掘り出して採集しました。
090603カワセミ2
こちらはカワセミ君。約20m離れていたので、イマイチです。 【“寺家の生き物たち”の続きを読む】
このページのトップへ

構内の生き物たち

090602クマバチ1
今日は4日振りの晴れ間で、ポカポカ陽気の昼休みでした。
構内の「ハクチョウゲ(白丁花)」は良い香りがするのか、いろいろな昆虫が来ていました。
これはトラマルハナバチ。容姿に似合わず大人しいハチで、怒らせなければ刺されることはありません。
090602モンキチョウ2
モンキチョウも沢山来ていました。 【“構内の生き物たち”の続きを読む】
このページのトップへ

FC2Ad

生物に魅せられたmiddle age

飾らない昆虫たちの表情はさりげなく素晴らしい!

wakasama

Author:wakasama
昆虫や植物や風景などの飾らない自然を撮って,自らが癒されている団塊世代最後の男性です。
訪問してくださる方が少しでも癒されて,楽しんでいただければ幸甚です。
お気軽に書き込みをしてください。
但し、管理人に無断で掲載画像を転用することはやめてください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する