クローズUP撮影日記

動植物や風景等の記録です (御紹介している画像は、基本的に全て管理者に著作権がありますので、無断転用等はしないで下さい)

信州で今見られるトンボ

ギン連結産卵
ギンヤンマの連結産卵
コシアキトンボ産卵
コシアキトンボの警護産卵
オナガサナエ3
今朝(31日)我が家にやって来た珍客・・・オナガサナエ 【“信州で今見られるトンボ”の続きを読む】
このページのトップへ

キジの親子

子キジ1
子キジ2
買い物に行く途中、キジの親子が道路を渡っていました。
先に渡り終わった2羽の幼鳥は、心配そうに草むらに身を隠していました。 【“キジの親子”の続きを読む】
このページのトップへ

松本市

松本城1
先日、松本市内へ行ってきました。
初めて親元を離れて下宿したのが松本市でした・・・40年以上前ですが
懐かしい松本城です。飴市の「なわて通り」も歩きました。
冬季長野五輪で近代化が進んでいましたが、本当に懐かしい場所です。
NHK「おひさま」の舞台だけに、市内のあちこちで幟が掲げられていました。 【“松本市”の続きを読む】
このページのトップへ

長雨の後で高山蝶たちは・・・

アサギ1
アサギ3
アサギ集団3
アサギマダラ1
長雨続きの後、つかの間の晴天で高山蝶たちはどうしているか見に行きました。
アサギマダラは浸み出した土壌中からのミネラル分が付着した岩盤に集まっていました。
3枚目は十頭以上です!!
4枚目はいつものようにヨツバヒヨドリで吸蜜する個体。 【“長雨の後で高山蝶たちは・・・”の続きを読む】
このページのトップへ

ルリボシヤンマの近縁3種(飛翔シーン)

マダラヤンマ10
ルリボシヤンマ♂
オオルリボシ16
信州上田で見られるルリボシヤンマ近縁3種の飛翔シーンです。
上:マダラヤンマ♂・・・・・体長63mm~69mm
中:ルリボシヤンマ♂・・・・体長76mm~84mm
下:オオルリボシヤンマ♂・・体長78mm~87mm
※何れもブルー系の山地性ヤンマですが、棲息環境が微妙に異なります。体長も上から小さい順です。
このページのトップへ

湯の丸高原の蝶

エルタテハ2
キベリタテハ2
アカタテハ
クジャクチョウ1
カラスアゲハ3
湯の丸高原は、今が高山蝶たちの真っ盛り・・・車で30分の別世界です。
1:エルタテハ
2:キベリタテハ
3:アカタテハ
4:クジャクチョウ
5:カラスアゲハ
※甲乙付けがたい蝶の競演です 【“湯の丸高原の蝶”の続きを読む】
このページのトップへ

オオルリボシヤンマ♂とオニヤンマ♂の飛翔

オオルリボシ2
オオルリボシ8
オオルリボシ11
オオルリボシ32
山間部の水が澄んだ池でオオルリボシヤンマ♂が縄張りのパトロールをしていました。
一定の距離を置いて立っていると、私の方へも戦闘機のように突っ込んできますが、目と目が逢うとワクワクします♪
※全て手持ちでピント&シャッター速度はマニュアル設定です。 【“オオルリボシヤンマ♂とオニヤンマ♂の飛翔”の続きを読む】
このページのトップへ

久し振りのトンボ

オニヤンマ1
オニヤンマ2
久し振りにMFでオニヤンマを見ました。
ナツアカネ未成熟♂
これはナツアカネ未成熟♂。
ノシメトンボ1
ノシメトンボ♂。 【“久し振りのトンボ”の続きを読む】
このページのトップへ

前記事続き(蝶の部)

ルリタテハ1
ルリタテハ2
↓のチョウトンボと同様、青系のルリタテハは好きな蝶です。
これは幸運にも50cmからのマクロ撮影です。 【“前記事続き(蝶の部)”の続きを読む】
このページのトップへ

FC2Ad

生物に魅せられたmiddle age

飾らない昆虫たちの表情はさりげなく素晴らしい!

wakasama

Author:wakasama
昆虫や植物や風景などの飾らない自然を撮って,自らが癒されている団塊世代最後の男性です。
訪問してくださる方が少しでも癒されて,楽しんでいただければ幸甚です。
お気軽に書き込みをしてください。
但し、管理人に無断で掲載画像を転用することはやめてください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する