FC2ブログ

クローズUP撮影日記

動植物や風景等の記録です (御紹介している画像は、基本的に全て管理者に著作権がありますので、無断転用等はしないで下さい)

ホシガラス

P7280030cutホシガラス

P7280037cutホシガラス親子

P7280041cutホシガラス

大学OB会のハイキングで池の平雲上コースを歩きました。
台風の影響で開催が微妙でしたが、好天に恵まれて総勢12名
元気に完歩しました。
見晴岳コマクサ園ではホシガラス親子に出逢うサプライズがありました。 【“ホシガラス”の続きを読む】
このページのトップへ

トンボの羽化

P7250015cutマイコ

P7260061cutマイコ

P7260048cutチョウ

P7260035cutチョウ

新生トンボの羽化が活発です。
1&2:マイコアカネ
3&4:チョウトンボ
【“トンボの羽化”の続きを読む】
このページのトップへ

高山蝶が続々出現

P7210258cutミヤマモンキ♂

P7240088cut♀

P7210271cutコチャバネセセリ

P7210279cutコヒョウモン

P7210291cutギンボシヒョウモン

梅雨明けしたかのように高山蝶たちも一斉に出て来ました。
1:ミヤマモンキチョウ♂
2:ミヤマモンキチョウ♀
3:コチャバネセセリ
4:コヒョウモン
5:ギンボシヒョウモン
【“高山蝶が続々出現”の続きを読む】
このページのトップへ

湯の丸山登山ガイド

DSC01328S湯の丸山頂

DSC01329S湯の丸山頂2

今年は、なかなか梅雨明けしませんが夏休みに入って首都圏からは
毎日のように林間学校の小学生がやって来ます。
22日は埼玉県からの小学5年生80名を湯の丸山登山でガイドしました。

1:湯の丸山頂上(2101m)から隣の烏帽子岳(2066m)を望む
2:遠く北アルプス(鹿島槍ヶ岳方面)を望む
【“湯の丸山登山ガイド”の続きを読む】
このページのトップへ

最近見た蝶

D85_5649cutオオムラサキ

D85_5659cutルリタテハ

D85_5663cutルリタテハ

P7190014cutジャノメチョウ

1:オオムラサキ
2&3:ルリタテハ
4:ジャノメチョウ
【“最近見た蝶”の続きを読む】
このページのトップへ

オオムラサキ

DSC_2759cut♂

P7130086cut♀

DSC_2724cut♂♀

日本の国蝶であるオオムラサキは大きく美しい貫禄のある蝶です。
1:♂
2:♀
3:♂と♀の出逢い
【“オオムラサキ”の続きを読む】
このページのトップへ

池の平

P7120002Sコチャバネセセリ♂

P7120010cutミヤマモンキ♂

P7120021cutヒオドシ

梅雨の合間、池の平湿原ではようやく蝶たちが出てきました♪
1:コチャバネセセリ
2:ミヤマモンキチョウ♂・・・・今季初確認
3:ヒオドシチョウ
【“池の平”の続きを読む】
このページのトップへ

池の平の草花

D85_5517cut紫点クモキリ

D85_5523cutアヤメ

D85_5526cutナナカマドキマダラヒカゲ

D85_5529Sシャジクソウ

D85_5535cutミネヤナギ

7月8日の巡視で見つけた草花・・・初登場の花です。
1:紫点クモキリ(クモキリソウ)
2:アヤメ
3:ナナカマド・・・吸蜜しているのはヤマキマダラヒカゲ
4:シャジクソウ(車軸草)
5:ミネヤナギ・・・綿毛が飛んでいます。
【“池の平の草花”の続きを読む】
このページのトップへ

ラベンダー畑ほか

P7030069Sラベンダー

P7030019cutマルハナバチ

P7030027cutクマバチ

P7030074cutクマバチ

信州国際音楽村では今がラベンダーの見頃です。
1:ラベンダー畑
2:マルハナバチの仲間
3&4:クマバチ
【“ラベンダー畑ほか”の続きを読む】
このページのトップへ

チョウトンボほか

P7040004cut紫系♂

P7040006cut♀

P7040011cut♂

P7040002cut羽化不全♂

近郊の某溜池では、今がチョウトンボ発生の最盛期です。
1:紫系が強い♂
2:オパール色が美しい♀
3:尻上げポーズの♂
4:これは羽化不全の♂
【“チョウトンボほか”の続きを読む】
このページのトップへ

ハッチョウトンボ

P7020004cut♂

D85_5474cut♂と100円玉

P7020053cut♀

D85_5494cut♀

ハッチョウトンボを見に行ってきました。
1:ハッチョウトンボ♂
2:同上・・・100円玉と比べると、大きさがわかります。
3:ハッチョウトンボ♀
4:同上・・・100円玉との大きさ比較で、日本最小のトンボであることが確認できます。 【“ハッチョウトンボ”の続きを読む】
このページのトップへ

生物に魅せられたmiddle age

飾らない昆虫たちの表情はさりげなく素晴らしい!

wakasama

Author:wakasama
昆虫や植物や風景などの飾らない自然を撮って,自らが癒されている団塊世代最後の男性です。
訪問してくださる方が少しでも癒されて,楽しんでいただければ幸甚です。
お気軽に書き込みをしてください。
但し、管理人に無断で掲載画像を転用することはやめてください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する