クローズUP撮影日記

動植物や風景等の記録です (御紹介している画像は、基本的に全て管理者に著作権がありますので、無断転用等はしないで下さい)

買い物に行って

5408S地バチ
5409S地バチ
やっと雨が上がったので、近くのスーパーへ買い物に行くと
1&2:何と地バチ(クロスズメバチ)の巣が出ていました。働きバチはまだ動き回っていましたよ!
 この巣が1個いくらで売っていたと思いますか?

5412Sオツネン
5414cutオツネン
駐車場に戻り車に乗り込もうとしたら、オツネントンボが飛び込んできました。
※勿論、撮影後は逃がしてあげました♪
このページのトップへ

コメント

この巣は?
目的はなんでしょうね。
使い方、価格、どちらも想像できません。果たして?

トンボ好きなwakasamaさんを頼っての出現でしょうね。

  • 2014/11/02(日) 23:51:40 |
  • URL |
  • オヤジな私 #RIRr7jsY
  • [編集]

RE:オヤジな私さん

おはようございます。
物知りなオヤジさんでも地バチのことはご存じなかったですね!
信州や甲州のような海無し県では、昔からイナゴや地バチ、そしてザザムシは貴重なタンパク源でした。
今住んでいる東信はさほどでもありませんが、母実家の諏訪市(中信)や伊那市(南信)等では地下から掘り出して収穫する地バチの巣の大きさを競う大会まであります。
巣にいる蜂の子(幼虫)が特に美味しいのです♪
フライパンで醤油と砂糖、お酒などで炒った佃煮は絶品・・・JR上諏訪駅では、全国で唯一の「蜂の子弁当」が売られていたのですよ。今は缶詰などになっているようです。

※スーパーで見た地バチの巣は幼虫が少ない(密度が低い)ので1個1,000円で売られていました。

オツネントンボは成虫で越冬する数少ないトンボです。突然車内に飛び込んできたのにもご縁を感じます♪

  • 2014/11/03(月) 07:42:21 |
  • URL |
  • wakasama #o9OIkpe.
  • [編集]

ご無沙汰です

ご無沙汰です。
地蜂ですね! 若頃はよくとったものです。」
お酒の肴にいいですね! (^^♪

東御市の古老が言いました。
溜池のゲンゴロウを甘露煮するとうまい!
一度食べてみたいですね!

RE:小太郎さん

こんばんは、お久し振りですね小太郎さん。
地バチ(蜂の子)は母実家の諏訪市で小さい頃に良くいただきました。
蜂捕り名人がいましたから・・・当時は上諏訪駅の駅弁(蜂の子弁当)でも販売していました。

ゲンゴロウは現在絶滅危惧Ⅱ類の希少種ですから保護しなくてはいけない状況です!!
私の小学校時代にはあちこちの池で沢山見かけましたが、今はほとんど見られませんから・・・


  • 2014/11/04(火) 22:33:15 |
  • URL |
  • wakasama #o9OIkpe.
  • [編集]

そうですか! 失礼しました。
昔の人が食べ過ぎて希少種になったのかな?
ゲンゴロウの天敵は人間であった!!!

  • 2014/11/06(木) 22:04:04 |
  • URL |
  • 小太郎 #MlBpHDQg
  • [編集]

RE:小太郎さんⅡ

おはようございます。
確かに昭和30年代前半には川崎でもちょっとしたため池や川から引いた水路でゲンゴロウを見かけましたが、今では全く見られません。
水辺の環境が大きく変わったことが最大の原因で、ゲンゴロウやガムシ、タイコウチやミズカマキリ等の水生昆虫は激減しています。
昔ながらの里山や谷戸のコンクリ護岸にしない小さな水路やため池が彼等の最適環境です。
農薬や排水等の水質汚染も影響大・・・ゲンゴロウをじっくり観察すると、とても綺麗で大きく、そっと触ると飴のような良い香りがします。次世代の子供達に残しておきたい自然遺産です。

  • 2014/11/07(金) 08:34:40 |
  • URL |
  • wakasama #o9OIkpe.
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

生物に魅せられたmiddle age

飾らない昆虫たちの表情はさりげなく素晴らしい!

wakasama

Author:wakasama
昆虫や植物や風景などの飾らない自然を撮って,自らが癒されている団塊世代最後の男性です。
訪問してくださる方が少しでも癒されて,楽しんでいただければ幸甚です。
お気軽に書き込みをしてください。
但し、管理人に無断で掲載画像を転用することはやめてください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する