クローズUP撮影日記

動植物や風景等の記録です (御紹介している画像は、基本的に全て管理者に著作権がありますので、無断転用等はしないで下さい)

鉄道模型


141129No4S.jpg
信州に来て3年半を過ぎ、少しづつ時間に余裕を持てるようになりました。
中学生時代に鉄道模型クラブに入っていたので、鉄道にはずっと興味を持っています。
しかし所有する車両が狭い団地では走らせるスペースがなかったので、ずっと眠っていました。

35年振りに眠っていた鉄道模型を箱から取り出し、錆び付いた車両の足回りやレールを入念に磨き上げました。
1:C62蒸気機関車が牽引する特急「はつかり」号。
2:「はつかり」とすれ違うキハ82系気動車特急「つばさ」号

141129No11S.jpg
C62蒸気機関車のUP・・・「はつかり」のヘッドマークが大変懐かしいです♪

※新幹線よりも機関車が牽引する客車列車の方が、何故か記憶に残っています。
私が実際にC62牽引列車に乗車したのは函館本線の急行「ニセコ」で、C62の重連でした。
このページのトップへ

コメント

驚き!

鉄道ファンでしたか。はじめて伺うような。
素晴らしい模型ですね。HOゲージ!
鉄道少年憧れの大型模型です。当初のHOは確か三本レールだったような気がします。
こちらは二本レール。臨場感があります。
レールの継ぎ目では、本物ような音が聞こえるでしょうね。
模型君も長い眠りから覚めて信州の地で喜んでいるでしょう。

私は20年前にNゲージを買いましたが、天井裏で眠ったままです。

  • 2014/11/30(日) 11:13:26 |
  • URL |
  • オヤジな私 #RIRr7jsY
  • [編集]

RE:オヤジな私さん

こんばんは、鉄道ファンですから鉄道模型も趣味の一つです。
模型は35年も眠りについていましたが、ようやく復活させました。
蒸気機関車のドラフト音や汽笛は故郷の香りを呼び覚ませてくれます。
母実家の長野県諏訪市(上諏訪駅)までは、小学生時代は甲府から先が非電化区間でスイッチバックの駅が多く、D51牽引の列車であえぎあえぎ急坂を登っていったことを鮮明に覚えています。
最近、イベント用にC57やC61,そしてD51等が復活しているのは郷愁を感じる人向けのサービスでしょうか?
古き良き時代を彷彿とさせる何かがSLにはあるように思います♪

※3本レールはHOの倍の32mm幅であるOゲージだと思います。真ん中の交流電源で駆動していました。
HOは(Half Ogauge),すなわちOゲージの半分である16.5mm幅のレールで直流2線式です。
最近はもっと手軽にN(Nine Gauge)、すなわち9mm幅の直流2線式です。

  • 2014/11/30(日) 21:31:40 |
  • URL |
  • wakasama #o9OIkpe.
  • [編集]

Oゲージ

戦後間もない頃、近くの医者の息子さんがOゲージ模型を部屋いっぱいに走らせていました。
羨ましい限りでした。
お金持ちの坊ちゃんだけの楽しみだったんですね~~

健さんに次いで文太さんも逝ってしまいました。
寂しくなります。

  • 2014/12/01(月) 18:35:44 |
  • URL |
  • オヤジな私 #RIRr7jsY
  • [編集]

RE:オヤジな私さんⅡ

こんばんは、Oゲージは電気屋だった無き父が電気機関車を手作りしていたのを幼少期に見ています。
トランスも父は自作していましたが、AC100Vを12Vに下げて3本レールの真ん中で通電し走らせるのですが、その影響で川崎駅から六郷橋を渡る葡萄色の旧型電車(クモハ73型)や青大将(EF58牽引の特急つばめ)を良く眺めていました。
東芝柳町工場や明治製菓の工場近くでは道路下から上を通る列車が良く見えました。
ba-baさんも懐かしい思い出があるのでは・・・

健さん、文太さん、昭和の銀幕スターが次々と旅立ってしまいましたね、合掌。

  • 2014/12/01(月) 19:26:57 |
  • URL |
  • wakasama #o9OIkpe.
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

生物に魅せられたmiddle age

飾らない昆虫たちの表情はさりげなく素晴らしい!

wakasama

Author:wakasama
昆虫や植物や風景などの飾らない自然を撮って,自らが癒されている団塊世代最後の男性です。
訪問してくださる方が少しでも癒されて,楽しんでいただければ幸甚です。
お気軽に書き込みをしてください。
但し、管理人に無断で掲載画像を転用することはやめてください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する