クローズUP撮影日記

動植物や風景等の記録です (御紹介している画像は、基本的に全て管理者に著作権がありますので、無断転用等はしないで下さい)

ブルートレイン


8822cutC62.jpg
2015年3月14日、長野~金沢までの北陸新幹線が開通しました。
最速で東京から金沢まで2時間半と日帰り可能になり利便性が高くなりました。
しかし、残念なこともありました。
昭和33年から高度経済成長に合わせて新登場し、日本中を走っていた寝台特急(ブルートレイン)がとうとう消えてしまいました。
最後の北斗星が定期運用を終了したことで、残るはカシオペアの1編成だけになってしまいました。

昭和33年、ブルートレインの草分けであったC62牽引の20系「あさかぜ」は私が最も印象に残っている寝台列車です。
もう見ることはできませんが、HOゲージのC62+20系あさかぜは健在です♪

※C62のヘッドマークは「はつかり」になっています・・・「あさかぜ」はカニ21型客車(最後尾)に付いています。

No14cutあさかぜ
No16cutあさかぜ
当時の東京駅発九州行きブルートレインは、「あさかぜ」「はやぶさ」「さくら」「みずほ」「富士」でした。
私は就職してお給料をもらったら、まずはブルートレインに乗車したいと子供心に思っていました。
それほど憧れの列車でした♪
このページのトップへ

コメント

「あさかぜ」懐かしいです。

北九州で生まれ、30歳まで過ごしました。
少年時代は新幹線が九州まで開業しておら
ず、母の帰郷にあわせて「あさかぜ」に乗
って東京に出かけていました。
あの独特な車体の蒼と、食堂車で食べた朝
ご飯が妙に懐かしいです。

  • 2015/03/22(日) 08:32:04 |
  • URL |
  • ヒメオオ #-
  • [編集]

RE:ヒメオオさん

こんにちは、ヒメオオさんも「あさかぜ」には御縁があったのですね♪

昭和33年の開業当時は東京からの電化区間をEF58電機、その後がC62蒸気、関門トンネルをステンレス車体のEF30,門司からはED76交流電機。日豊本線の非電化区間を走る「富士」はDF50が牽引していたと思います。
東京からの電機は、その後EF60,EF61,EF65,EF66と徐々に高出力の機関車に代わって行きました。
車両も20系客車から14系15型客車、24系25型客車へとグレードアップされていきましたが、初代の20系「あさかぜ」が最も記憶に残っています。

結局、私が東京発のブルートレインに乗ったのは、高松行きの「瀬戸」に一回乗車しただけです。

ブルートレインは日本の古き良き時代の象徴だったように思います。
全国的に新幹線網が整備され、寝台列車が次々に姿を消していくのは寂しい限りですね。

  • 2015/03/22(日) 11:25:52 |
  • URL |
  • wakasama #o9OIkpe.
  • [編集]

残念です

次々と名列車が姿を消していきますね。
これは鉄道文化の消失、破壊といってもいいのでは? 鉄道先進国の英国を見習ってほしいものです。

はやぶさに深い想い出があります。
あるときの夏休み、小学生の娘と九州一周の旅にでかけました。たしか熊本まで。
その娘も二児の母親です。
ついこの間のような気がします。

HOゲージ いいですね~~
頭を床につけての鑑賞ですね(笑)

  • 2015/03/22(日) 13:27:48 |
  • URL |
  • オヤジな私 #RIRr7jsY
  • [編集]

RE:オヤジな私さん

こんばんは、オヤジさんも九州行きブルートレインに御縁がありましたか!
「はやぶさ」は途中から熊本が終着駅になりましたが、それまでは東京-西鹿児島まで24時間(一昼夜)を越える日本一の長距離列車でした。日豊本線回りの「富士」と並んで。

食堂車の付いた寝台列車や特急列車は、オヤジさんも仰るとおり鉄道文化の大きな柱だった気がします。
スピードUPだけが鉄道の使命ではないと思いますが、今の時代には寝台列車が不必要なのでしょう。なので、鉄道模型ではSLやブルートレインが根強い人気を持ち続けています・・・私もその一人です!

  • 2015/03/22(日) 18:09:48 |
  • URL |
  • wakasama #o9OIkpe.
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

生物に魅せられたmiddle age

飾らない昆虫たちの表情はさりげなく素晴らしい!

wakasama

Author:wakasama
昆虫や植物や風景などの飾らない自然を撮って,自らが癒されている団塊世代最後の男性です。
訪問してくださる方が少しでも癒されて,楽しんでいただければ幸甚です。
お気軽に書き込みをしてください。
但し、管理人に無断で掲載画像を転用することはやめてください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する