クローズUP撮影日記

動植物や風景等の記録です (御紹介している画像は、基本的に全て管理者に著作権がありますので、無断転用等はしないで下さい)

エゾハルゼミ、その他

ヒメハルゼミ♂1M
所用で信州入りしました。
途中の神津牧場(群馬県)では、広葉樹林のなかでエゾハルゼミの大合唱。蝉時雨でした。
ヒメハルゼミ♂2M
もう1枚。ヒグラシに似ていますが鳴き方や出現時季が異なります。

最初ヒメハルゼミとしましたが、鳴き方を良く再現してみると、ミョーキン・ミョーキン・ケケケケ・・・と不規則に鳴く典型的なエゾハルゼミでした。エゾと和名が付いていますが、北海道から九州の山地まで広く分布し、山地性で落葉広葉樹等に集団でいます。
ここに訂正させていただきました。

アサマイチモンジ
イチモンジチョウの近縁種ですが、信州等にいる希少種のアサマイチモンジです。
ニホンカワトンボ♂1
ニホンカワトンボ♂。
ニホンカワトンボ♀1
ニホンカワトンボ♀。翅先の縁紋が赤か白かで♂と♀を見分けます。
このページのトップへ

コメント

もうセミの季節ですか!

 もうセミの季節ですか! 今日は暑く! 真夏日和でした! 明日もいい日でしょうね!
 明日は地域の交流会があったり、我が団体の総会です! 事務局ですので、ようやく資料が整いました! wakasamaが定年の折にはぜひ交流をお願いします。

  • 2009/06/20(土) 00:07:21 |
  • URL |
  • 小太郎 #mQop/nM.
  • [編集]

wakasamaさん、こんばんは。
一昨年の6月、ミニ尾瀬公園で聴いた蝉の大合唱は、このセミだったのかもしれませんね。
カワトンボはよく見かけますが、動きが素早くて、私のレンズになんかなかなかおさまってくれません。トホホ・・・。

  • 2009/06/20(土) 20:43:07 |
  • URL |
  • いっこんま #SQH/lPuA
  • [編集]

トンボの撮りかた

先日の川崎で、トンボ撮影の極意を伝授させていただきました。
ニホンカワトンボも同様の撮影でしたか。

畑作業に精をだされてることでしょう。
私も20日は朝6時に出発!
畑で遊んできました。

  • 2009/06/21(日) 00:21:49 |
  • URL |
  • akisaien #RIRr7jsY
  • [編集]

蝉時雨

もう蝉の出現ですか。
神戸の方は入梅と言っても雨は少なくこのまま夏が来るのかと思っていましたが今週から梅雨空になりそうです。
アサマイチモンジ地域性の希少種ですかお目にかかれて幸いです。

  • 2009/06/21(日) 07:15:55 |
  • URL |
  • zensan #doOAtklI
  • [編集]

RE:小太郎さん

おはようございます。
地域交流会に総会ですか、ご苦労様です。
後2年、水道局を勤め終えてからですね。
昨晩からの雨が恨めしいですが、無理して作業は終了しました。
金原川にもカワトンボが沢山いますよ♪

RE:いっこんまさん

おはようございます。
6月に鳴く蝉はハルゼミかヒメハルゼミ、北海道等にはエゾハルゼミがいます。
いっこんまさんが聴いたのも多分このセミだろうと思います。ヒグラシやミンミンゼミに比べるとリズム感が無く、不規則な鳴き方です。
カワトンボ、上田でも今は沢山見られます。

RE:akisaienさま

おはようございます。
オヤジさまも畑で収穫されていましたか、お疲れ様です。
私も畑の雑草刈りでしたが、昆虫たちは活発ですね。
近くの渓流沿いで、少し観察してきました。
昨晩は疲れてUPする気力がありませんでしたが、信州は昆虫も宝庫です♪

RE:zensan

おはようございます。
春に鳴くハルゼミは近畿地方でも少し山に入ると、この時季にいるはずです。六甲山にはいませんか?
アサマイチモンジ、普通種のイチモンジチョウとの違いは、前翅の白い斑紋で上から4番目が大きなことです。両種を見比べて見ないと差がわかりませんが・・・アサマイチモンジは浅間山周辺で発生することから名付けられています。

ハルゼミ

この間北海道でハルゼミの鳴き声を聞いてきました。エゾハルゼミなのでしょうか。
そして赤城山と八ヶ岳でも。
ヒメハルゼミというのですね。
ハルゼミはまったく初めてで(つまりこの時期に山に行ったことがなかったのです)、びっくりしました。

RE:tonaさん

こんばんは、鳴き方を何回も再現してみるとエゾハルゼミでした。北海道でこの時季に鳴いているのもエゾハルゼミです。
八ヶ岳のも多分エゾハルゼミでしょう。
ヒメハルゼミとハルゼミはもう少し穏やかにジーン・ジーンと鳴くようです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

生物に魅せられたmiddle age

飾らない昆虫たちの表情はさりげなく素晴らしい!

wakasama

Author:wakasama
昆虫や植物や風景などの飾らない自然を撮って,自らが癒されている団塊世代最後の男性です。
訪問してくださる方が少しでも癒されて,楽しんでいただければ幸甚です。
お気軽に書き込みをしてください。
但し、管理人に無断で掲載画像を転用することはやめてください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する