クローズUP撮影日記

動植物や風景等の記録です (御紹介している画像は、基本的に全て管理者に著作権がありますので、無断転用等はしないで下さい)

鷹の渡り

白樺峠2
先日、信州白樺峠へ鷹の渡りを見に行きました。
峠から遙か下界に松本市街地が見えます。
鷹1S
鷹7S
鷹柱というにはピークを過ぎていたので、やや数が少なかったものの、十羽位の集団が次々に下からの上昇気流に乗って湧き上がってきました。
生涯初の鷹見の光景は実に感動的でした♪

鷹3
UPで撮れたハチクマ幼鳥。
鷹9
こちらはサシバ幼鳥。
白樺峠
鷹の渡りを撮ろうと大口径望遠レンズやデジスコを三脚にセットして待ち構えるカメラマン。
※私は300mm望遠レンズ+1.4倍テレコンの手持ち撮影でした。UPで撮れた2種は真上を通過したものです。
 それにしても繁殖期には縄張り主張が激しい異種の鷹が整然と旋回する様には驚きでした!!
※※ Oさんありがとうございました。
このページのトップへ

コメント

鳥のことはよく分かりませんが、リンク先の方も、似たような記事を書いていましたが、きっと感動的だったことでしょうね。^^

  • 2011/10/03(月) 22:10:28 |
  • URL |
  • CLと棒 #-
  • [編集]

RE:CLと棒さん

CLと棒さん、おはようございます。
普段は生態系の頂点に立つ孤高の鷹たちが何十羽と集まって整然と旋回する光景は、本当に感動的でした♪
渡りをするモードに入ると本能的にそうするのでしょうね、不思議でした。
※鷹だけでなく、渡りをする蝶アサギマダラも上昇気流に乗って何頭も峠越えして行きました。

  • 2011/10/04(火) 08:41:46 |
  • URL |
  • wakasama #o9OIkpe.
  • [編集]

ご無沙汰しています。
日本で繁殖して、海を越えて渡っていくタカたち。今年生まれの子たちは、生後数ヶ月で海を渡るという大仕事が待っています。越冬地にたどり着けないものもたくさんいると思いますが、その旅の無事を祈らずにはおれません。
私がタカの渡りに魅了されているのは、その美しい姿ももちろんですが、(渡り鳥はみんなそうなんですけど)厳しい試練に向かっていく姿にも大きな魅力を感じます。
wakasamaさんも、毎年秋の楽しみが出来そうですね。

ご存知かもしれませんが、全国各地のタカの渡り情報が発信されているサイトがあります。

タカの渡り全国ネットワーク
http://www.gix.or.jp/~norik/hawknet/hawknet0.html
私が見ているポイントは、京都の岩間山という場所です。

  • 2011/10/05(水) 12:02:17 |
  • URL |
  • scops #-
  • [編集]

RE:scopsさん

こんばんは、コメントありがとうございました。
scopsさんが鷹の渡り時季に没頭されている訳が、ようやく少しだけわかってきました。
今年生まれの若鳥にも大変な試練が待ち受けているのですね、そうまでして越冬地へ行かなければならないので、鷹同士で喧嘩している場合ではないのでしょうか?
全国ネットワーク、これから見てチェックします。
※鷹だけでなく、渡りをする蝶アサギマダラも上昇気流に乗って現れました。この蝶も無事に南方の越冬地まで行ってほしいです。

  • 2011/10/05(水) 17:35:36 |
  • URL |
  • wakasama #o9OIkpe.
  • [編集]

ヒマラヤ山脈の渡り

wakasamaさん、こんばんわ。

昔、TVでツルが中国からインドへの渡りで、ヒマラヤ山脈の峠越えを見たことがあります。

その時も、上昇気流を利用して八千メートル近くの高高度を渡る映像でしたが、鳥類の優れた能力に驚愕したものです。

  • 2011/10/06(木) 22:11:00 |
  • URL |
  • 森の旅人 #8iCOsRG2
  • [編集]

RE:森の旅人さん

こんばんは、コメントありがとうございます。
ヒマラヤ山脈を越える鶴はアネハヅルですね。
鳥の飛行能力は素晴らしいです、体力も知能も必要ですが、見事に備えていますから・・・

  • 2011/10/06(木) 23:08:22 |
  • URL |
  • wakasama #o9OIkpe.
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

生物に魅せられたmiddle age

飾らない昆虫たちの表情はさりげなく素晴らしい!

wakasama

Author:wakasama
昆虫や植物や風景などの飾らない自然を撮って,自らが癒されている団塊世代最後の男性です。
訪問してくださる方が少しでも癒されて,楽しんでいただければ幸甚です。
お気軽に書き込みをしてください。
但し、管理人に無断で掲載画像を転用することはやめてください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する